不用品回収は費用をよく知っておくことが失敗しないポイント

トラックと不用になった家具家電

不用品回収のいくつかの方法

植物とテレビ

不用品の処分には、自治体の粗大ごみ収集を利用する方法と、民間の不用品回収業者を利用する方法があります。自治体では月に一度くらいの割合で、不用品の収集日が決められており、そこへ指定時間内に持っていき、分別されたカゴに入れます。粗大ごみも同様ですが、自治体によっては利用券というものがあり、それを指定のお店に出向きお金を払って購入します。そして、決められた日に収集場所へ持って行くようになります。粗大ごみですから、大きく重量もあるため大変な作業です。
その点、民間の不用品回収業者は電話ひとつで引取りに来てくれて、持って行ってくれるので便利です。しかも、指定日などはなくこちらのよい日に来てくれます。手軽に済むのですが、その分金額が変わってきます。民間の不用品回収業者では、自治体の料金の5倍ほど高くなることもあるようです。小さな不用品は保管場所も取らないので、自治体に無料で出すとよいのですが、大型ごみで置き場所に困るとか、引越しなどで日がないという場合などは、民間の回収業者にお願いしてもよいかもしれません。他にも、大型店舗などには、使えなくなった電池の回収箱や、新聞紙などのリサイクルできる不用品回収箱が無料で設けられているところもあるため利用してはどうでしょうか。

Choices Article

トラック

捨てる前にまだ活躍できるか価値を考えて

不用品、不要品、家にはたくさんあります。買って後悔してるまだ使えるもの、欠けた陶器、乾電池、など色々あります。私は捨てることが好きです。捨てるとスッキリします。最近は断捨離が流行り、捨てることを推奨しているような風潮ですが、埋め立て処分場の確保も問題点となっています。乾電池や蛍光灯、電化製品などの専門的な処分に関しては自治体の回収方法で、曜日や料金に見合うシールを貼付してから回収してもらう、などで処分してもらいます。それ以外の不要品に関しては必ず役割がないか、考えてもう無理かなと思…

Read ▶

TOP